Furepe Waterfall

フレペの滝

フレペの滝

山々から流れ落ちる、乙女の涙

フレペの滝

フレペの滝

高さ約100mの切り立った断崖の途中から山々から流れてきた地下水が染み出し、海へと直接流れ落ちる滝です。年間を通して水量が少なく、しとしとと流れ落ちる様子から別名乙女の涙とも呼ばれています。知床自然センターからフレペの滝の展望台までは片道約20分(約1km)の遊歩道が続いています。前半は開拓時代の名残が残る森を通ります。やや坂道が続くため、木々の様子を楽しみながら自分のペースで歩くのがオススメです。やがて断崖に近づいてくると、入り江の強風により木々の成長が妨げられた草原に出ます。風のない日は草を食むエゾシカの群れがよく見られる場所です。チカポイ岬に設置された展望台からは滝の流れ落ちる広大なオホーツク海が目の前に臨め、また背後には半島を成す知床連山が見渡せます。知床半島らしい壮大な景観と様々な自然環境(森・草原・断崖など)を同時に感じていただけます。

フレペの滝 春夏秋冬

春

夏

秋

冬

ページトップへ