Mini Gallery

ミニギャラリー

「蜃気楼のすべて!~知床と日本・世界各地の蜃気楼~」

日本蜃気楼協議会、知床蜃気楼・幻氷研究会presents
 「蜃気楼のすべて!~知床と日本・世界各地の蜃気楼~」

春先に見られる蜃気楼の一つである「幻氷」(撮影:佐藤トモ子氏)

春先に見られる蜃気楼の一つである「幻氷」(撮影:佐藤トモ子氏)

蜃気楼、といえば神秘的でめったに見られない自然現象、というイメージをもつ方が多いかもしれません。実は、大気の温度差が生み出す科学的な現象なのですが、実際に目にするとその美しさや不思議な動きに魅了されます。最近の調査で、ここ知床・斜里町は年間の目撃回数が全国で一番多い地域であることがわかってきました。
知床の蜃気楼と日本各地(一部南極)の貴重な蜃気楼の写真を展示します。

 

日本蜃気楼協議会

全国各地の蜃気楼に関する情報交換、調査研究、教育の普及を図ることを目的に2003年に発足した団体。会員は気象や教育関係者、博物館・科学館に携わる人から、カメラマンや蜃気楼愛好家な、バラエティに富む。毎年、研究発表会等を開催し、会員相互の親睦を図っている。2016年4月、草思社より「蜃気楼のすべて!」を出版。

 

知床蜃気楼・幻氷研究会

日本蜃気楼協議会の会員2名を中心に、斜里町周辺のメンバー約10名で蜃気楼の撮影、情報交換を行っている。

ページトップへ