Mini Gallery

ミニギャラリー(2019年)

ASUKA ISHII & MAKIKO GOTO EXHIBITION「SINOTCA in Utoro」


「sinotca(シノッチャ)」とは、アイヌ語で「歌」のこと。

石井明日香(絵描き/漫画家)、ごとうまきこ(イラストレーター)が、それぞれの目で自然をとらえ歌うように描いた2人展です。

2019年の夏に羅臼町と美瑛町でおこなった同展が、知床自然センターに再集結いたします。

ぜひご高覧ください。

あかしのぶこ「ヌプとカナのおはなし」原画展



『しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナのおはなし』は、知床で暮らしていたあるヒグマをもとに描かれたあかしのぶこさんの絵本です。

このたび知床自然センターミニギャラリーでは、その貴重な原画展を開催いたします。

知床に訪れるすべての方に知っていただきたい物語と、ここでしか見ることのできない原画をどうぞごゆっくりお楽しみください。


 
あかしのぶこ
 
知床の地元斜里町在住の絵本作家。京都生まれ。旅行で訪れた知床にできるだけ長くいたいと知床財団がコーディネートを行う知床ボランティア・レンジャーとして活動。縁あってそのまま知床に居つくことになる。斜里町峰浜に夫と猫1亀1と暮らす。

知床そして道東の脇役たち Ⅱ -今泉俊雄 写真展-

 



写真家からのメッセージ

『しれとこライブラリ―(知床博物館編)』のエゾモモンガの項を見て、モモンガに会いたくて、初めて知床を訪れたのが平成19年2月でした。幸運にもモモンガの樹洞を見つけることができ、毎月のように知床を訪れました。モモンガを知ることで、いろいろなことを教えられ、大自然を体験できました。
知床そして道東の主役といえば、ヒグマ、オオワシ、オジロワシ、シマフクロウ、シャチ、クジラなどでしょうか。他にもたくさんの生き物達が暮らしています。『脇役』ですが素適な生き物達を、この写真展で御紹介できたら幸いです。

「森の奥」ー 川村喜一写真展 ー

 

知床財団職員、川村喜一による写真展です。

知床での生活の中で出会った動物達の姿を、肌ざわりのある布に印刷して展示いたします。

 


 

川村喜一プロフィール

知床財団職員。1990年東京都生まれ。斜里町ウトロ在住。
東京藝術大学大学院修了後、現地の生活を深く知りたいという思いから知床に移住。
北海道の暮らしの中で、自然と表現、生命と生活を学び直している。

知床羅臼写真クラブ写真展

●知床羅臼写真クラブ写真展 

 

 

知床・羅臼町で活躍する写真クラブの皆様の作品展を開催いたします。
前回の斜里町ウトロの方々の作品を展示した「知床写真クラブ写真展」に引き続き、地元知床の大自然を舞台に、羅臼の写真クラブの方が日々撮りためた作品を惜しみなく展示いたします。
皆様もご存知の羅臼昆布漁のひとコマや、ウトロではなかなかお目にかかることのできないトドの群れまで、知床羅臼の魅力を作品を通してたっぷりとお伝えする写真展、ぜひ一度足をお運びください。

出展者:青柳知幸、魚谷輝男、大石陽介、大木絵里香、杉田知香、須田康、関勝則、富崎忍、前田信一、幕田多喜子、和田遙(五十音順)

開催期間:2019年1月22日〜3月19日 9:00-16:00

ページトップへ