Nature Information

旬の自然情報BLOG

東海岸(羅臼側)でも流氷視認

東海岸(羅臼側)でも流氷視認

コメント (0)

えー、こちら知床半島の東半分、羅臼町の海岸線です。 本日、クナシリ島(北方領土)の手前海上に広がる流氷の帯を、羅臼町の昆布浜付近でも確認しました! エゾシカの調査中にふっと沖を見たら、 「あら、白い線が見えてるでないの。写真、写真!」 という状況だったため、しょぼいカメラしか持っていませんでした。 見にくい写真でスイマセン。 流氷が近付いてきたせいか、羅臼町内某所で見られるゴマフアザラシの数が一気に増えてきました。 トドの群れはまだ観察されていますが、流氷が本格的に流れてくると、大部分はスタコラサッサと南へ逃げていなくなってしまいます。 トドを高確率で見たいという方は、あと1~2週間以内に羅臼へお越し下さい。 (担当:石)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ