News

お知らせ

「知床国立公園50周年記念シンポジウム」を開催します。

知床は国立公園に指定されて本年で50周年を迎えます。この大きな節目を契機として、知床の保全と利用に携わる関係者が集い、これからの世界遺産にふさわしい公園利用を考えるシンポジウムを開催します。

 

知床国立公園50周年記念シンポジウム
~世界に誇る真の「SHIRETOKO」へ。その魅力と可能性に迫る~

ani1◆日時:平成26年11月1日(土)10:30~14:20 (開場10:00)

◆場所:知床自然センター

◆入場無料

◆主催:環境省釧路自然環境事務所、斜里町、羅臼町、知床財団

シンポジウムのチラシはコチラ
知床国立公園50周年記念シンポジウム

【プログラム】

①基調講演 10:40~

abe2「南極で考えた知床のこと」  

阿部幹雄氏
(写真家、ビデオジャーナリスト、(株)極食 代表)

②昼食 11:40~

chef「地元食材を使ったフレンチビュッフェ」 
舟﨑一馬氏(釧路「イオマンテ」シェフ)
知床の山と海の幸を使ったフランス料理をビュッフェスタイルでご提供します。
◆限定60食!
◆お一人1,500円
◆事前予約(ご予約は0152-24-2114)

③発表 12:40~

「知床の可能性と魅力」
寺山元氏
(公益財団法人 知床財団 事務局次長)

④パネルディスカッション 13:15~

テーマ「これからの公園利用を考える」

【パネリスト】
後藤菜生子氏(知床らうすリンクル 代表)
松永曉道氏(環境省釧路自然環境事務所ウトロ自然保護官事務所 自然保護官)
寺山元氏(公益財団法人 知床財団 事務局次長)
秋葉圭太(公益財団法人 知床財団 公園事業係主任)
【コメンテーター】
愛甲哲也氏(知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議委員)
【進行】
岡田秀明氏(斜里町役場 環境課長)

 

 

 

ページトップへ