News

お知らせ

11/9(土)チャシコツ岬上遺跡シンポジウム開催のお知らせ

 

本年2月、斜里町のチャシコツ岬上遺跡が国史跡として指定を受けました。この遺跡は、今から約1,200年前のオホーツク文化の集落跡であり、町民からはカメ岩の愛称で親しまれている場所です。
今回のシンポジウムでは、オホーツク文化と古代日本をテーマに、律令国家が発行した貨幣“神功開寳”がなぜオホーツク人の遺跡から見つかったのかを考えます。奈良時代の日本と北海道のつながりとはどのようなものだったのでしょうか?

 

開催日時

2019年11月9日(土)13:00~16:30

会場

知床自然センター MEGAスクリーンKINETOKO

斜里市街地から無料送迎バス運行!(要申し込み:0152-23-1256(知床博物館)
*斜里町役場前12:00出発、斜里町役場前18:00帰着(予定)

申込先

0152-23-1256(知床博物館)

 

※本シンポジウムのため、MEGAスクリーンKINETOKOは11時半以降貸し切りとなります。定時上映はご覧いただけません。何卒ご了承ください。

ページトップへ