Special Exhibition Hall

企画展示室

さっぽろアートビーンズグループ展『自然のトルク』


地球は自転や公転により昼夜や季節を作り出します。私たちは回転の中で暮らしており、回転と共に生きているといえるでしょう。

本展覧会では、「物体を回転させる能力の強さ」を意味する「トルク」からイメージされる自然の動きや移動、あるいはそれらによって生まれる熱や体温を、5組の作家が知床の自然を軸に開展していきます。

 

[ 出展作家 ]
間野 桂子
北海道札幌市出身。
さっぽろアートビーンズ代表。日本画家。アーティスト・イン・レジデンス知床2019を皮切りに制作した日本画を中心に展示します。生物と自然とその美しさが失われることのないように。

梅田 力
長野県御代田町出身。彫刻家。星槎道都大学美術学部デザイン学科准教授。「線」という造形要素を表現の基盤とし、2019年の知床滞在で制作したコラージュ作品と新作を展示します。森に住むのが夢。

千葉 麻十佳
北海道札幌市出身。
美術作家。知床で創造する新たな星空のイメージが広がっていきます。

故 小泉 章子
北海道根室市出身。
日本画家。2019年のアーティスト・イン・レジデンスに参加し、ポジティブに生きることに挑んだ結晶とも言える、感動の知床風景写真を展示します。

川村 喜一
東京都杉並区出身。
写真家・美術家。公益財団法人知床財団職員。
知床に暮らしながら制作した写真作品を展示します。

 

 

ページトップへ