Nature Information

旬の自然情報BLOG

船から流氷 @羅臼

コメント (0)

boattour.jpg知床岬をかわした流氷帯は、羅臼側へも順調に流れてきました。羅臼港からは、流氷ウォッチングと海の生き物観察を同時に楽しめる観光船が運行されています。流氷だけでなく、氷上や上空をたむろするオジロワシやオオワシ、海カモ類等を間近に見ることができます。この日は、イシイルカとアザラシの群れ、トドも登場しました。
冬のボートツアー、はずせない目玉は、朝日に真っ赤に染まる流氷(知床自然センターのあるウトロ側では、夕陽は見えても朝日は見えません)。マニアな目玉としては、カモメ。出現種数が圧倒的に多いのです。今までありがたがっていたシロカモメも、そこらじゅうに飛んでいたので、私は愕然としました。興奮して同船した方に報告。『でも、みんなゴメだべさ。』『・・・・。』(担当:加藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ