Nature Information

旬の自然情報BLOG

日常にある風景

日常にある風景

コメント (0)

雲ひとつ無い夕暮れ時 オレンジ色の太陽が 徐々にオホーツク海へと近づいて 水面はやさしい色に染まってゆきました。 帰港する船の航跡を見つめていると 心の奥のほうがつんとしました。 見晴橋の上はちょっぴり寒かったけれど なぜだか心の中が温かくなった ただ ただ そこにある 知床の美しい夕暮れなのでした。 (担当:こばやし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ