Nature Information

旬の自然情報BLOG

ホープ!

ホープ!

コメント (0)

残雪の森の中で

カンバの樹上にすくすくと育つトドマツの稚樹を見つけました。

たまたま落ちたこの場所で

発芽・成長に最低限必要な水や養分を得ることができたから

この稚樹の種は命を得たのでしょう。

 

そんな稚樹の周りに

少しずつ、土や他の生物たちが集まって来て

更に成長できる環境が整っていったのだと思います。

 

今や、この場所は

稚樹にとって日当たり良好な一等地なのでしょう。

(夏になると、この辺りは身の丈を超えるチシマザサが生い茂る場所になります)

(地面に落ちていたら、ここまで大きく成長できなかったかもしれません)

 

この稚樹はきっと 、上ではなく、むしろ下を目指して成長することでしょう。

 

ずっとずっと下の地面を目指して 根を伸ばし続けることで

いつか、このカンバの木が倒れた時にも 自分で立っていられるような

大きなトドマツに、成長するんだと思います。

そうなって欲しいと願います。

(担当:やんも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ