Nature Information

旬の自然情報BLOG

夏の大輪の花

夏の大輪の花

コメント (0)

「夏の大輪の花」と言えば、エゾスカシユリを想像する方も多いのではないでしょうか。

今、フレペの滝遊歩道の草原にはエゾスカシユリが咲いています。

三分咲きのハンゴンソウに混ざって、存在感のある大輪の花を咲かせています。

先週ブログで紹介したイケマは、甘くて良い匂いを放ち、蟻たちはその蜜の虜になっています。

イケマに群がる蟻

イケマに群がる蟻

*匂いといえば、最近知床はとても甘い匂いに包まれています。

毎年この季節に芳香剤のように強く香る匂いは山地に生える落葉樹であるシナノキ科のシナノキやオオバボダイジュの花の香りのようです。はちみつがたっぷり採れるほどの木なので、ハチやアブも大喜びで花の蜜を吸いにきています。

職場にいても、家にいてもこの幸せな匂いに包まれて私たちは過ごしています。

(担当:片山)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ