Nature Information

旬の自然情報BLOG

夏の黄金キノコ

夏の黄金キノコ

コメント (0)

ある日、林道を車で移動中、黄色いキノコが視界の隅に入り、タモギタケだ!!と思い車を停めました。

近寄ってみると、キノコの傘の部分が開き過ぎていて、残念ながら食べごろは少し過ぎてしまった様子でした。しかし、薄暗い森の中で木漏れ日にあたっているタモギタケは、黄色が黄金色に栄えており、見ごたえ十分でした。

よくよく観察してみると、タモギタケから湯気のような煙のようなものが出ているのが確認できました。そう、胞子を飛ばしているのです。メイン画像の左上でも確認できますが、胞子が木漏れ日に照らされてきらめいて見えます。

タモギタケは、近所のスーパーマーケットでは普通に販売されており、香りが強く、汁物でも炒め物でもおいしくいただけるキノコです。天然のタモギタケは虫が入っていることが多く、夏のヒグマの主な食べ物の一つでもあり、虫や動物たちから大人気です。

タモギタケは主に夏に発生するキノコで、ハルニレの立ち枯れや倒木でよく見かけます。シーズンは後半になりますが、探せばまだまだ見つかると思います。

胞子

白い煙のように見える胞子

 

担当:新庄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ