Nature Information

旬の自然情報BLOG

氷の芸術

氷の芸術

コメント (2)

 本日、知床自然センターやフレペの滝遊歩道、スキーコース周辺では美しい霧氷が見られました。氷に包まれた木々の枝が太陽の光にキラキラと輝きとても幻想的です。霧氷は通常、太陽が昇り、気温が上昇すると溶けてしまいますが、今日はお昼になっても溶けませんでした。明日もまだ大丈夫かもしれません。札幌では雪まつりがはじまりましたが、知床では海の流氷、森の霧氷と、自然の創り出した氷の芸術を楽しむことができますよ!(担当:増田)

RIMG0482s RIMG0472s
DCIM100GOPRO  

コメント 2件

  1. ほんんとにほんとにきれいでした。
    これは雨氷ではないかと教えてもらいました。
    一種過冷却状態の雨が降ってきて、物に当たった瞬間に凍った状態だそうです。
    霧氷は気泡が多いのですぐ解けるそうですが、雨氷は純粋な氷のようでなかなか解けないのだそうです。
    またこんな日があるといですね。
    • said: 増田 on
      ありがとうございます。そうですね。たしかに霧氷というより雨氷ですね。液体の過冷却水が衝突の衝撃で一瞬で固体化したということですね。勉強になりました!木々の枝だけでなく、いろいろなものが氷漬けになっていました。絶妙な条件だったということでしょうか。おそらくすぐには解けないと思います。明日の朝も楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ