Nature Information

旬の自然情報BLOG

冬のダイヤモンド

冬のダイヤモンド

コメント (0)

とても寒いけれども、真冬には真冬なりの良いところがあります。空気が澄んでいて星がよく見えるからです。

ダイヤモンドが欲しいけど高価なので買えないという方、晴れた日の夜空をぜひ見上げてみてください。

冬の星座のひときわ明るい星(1等星)を繋いでいくと、天に大きく広がった大六角形(ダイヤモンド)が見えるはずです。

冬のダイヤモンド4

シリウス(おおいぬ座)、プロキオン(こいぬ座)、ポルックス(ふたご座)、カペラ(ぎょしゃ座)、アルデバラン(おうし座)、リゲル(オリオン座)で構成される六角形は冬の夜空の象徴です。

冬のダイヤモンド2

冬のダイヤモンド3

この空の宝石は誰のものでもなく、誰もが見て楽しむことのできる宝ものです(北半球の人なら)。

地球に一番近いシリウスでさえ9光年先の宇宙にあり、人類が行き着くことのできない遠い世界から届けられた光です。リゲルはなんと770光年も離れているとか。

ダイヤモンドが欲しくなったら、厳重に厚着をして、ホットコーヒーを片手に冬の夜空を見上げてみる、なんていうのはどうでしょうね。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ