Nature Information

旬の自然情報BLOG

星とアイヌ

星とアイヌ

コメント (0)

タヌクラン アナク ノチゥ クルカ テシナタラ トイタサオッ ア・ヌカンノ

今夜は星月夜で北斗七星がよく見える

 

上のカタカナで書かれた文はアイヌ語です(萱野茂のアイヌ語辞典参照)。アイヌの文化にも星を見る文化があったのですね。そんなアイヌ文化に強く興味を持っている私ですが、先日星座の早見盤をいただきました。ただの早見表ではありません。アイヌ星座の早見盤です!(とてもうれしかった)
この星座早見盤は、東京在住でアイヌの星座を研究紹介されている方が昨年クラウドファンディングで制作されたもので、非売品だそうです。

その星座早見盤を見てみると…
(アイヌの星座早見盤 解説冊子より抜粋)

キムンクル・ノチゥ(狩人の星)、シヤプカ(天駆ける大鹿)、カムイルコチ(熊の足あと)、シアラサルシカムイノカ・ノチゥ(尾の長い熊の星)、イヌンカムイウタラ(漁をするフクロウたち)、ホロケウ・ノチゥ(オオカミの星)、レプンカムィノカ・ノチゥ(シャチの星)などなど…とてもユニークな星座ばかりですね。

星は昔から方角を示すものであったり、生活と密に関係のあるものですが、アイヌ星座もアイヌ民族の文化や生活に強く根付いたものだったようです。

 

昨晩は僅かしか見ることができなかった星空でしたが、知床の星空はいつだって綺麗です。

いつでも変わらずにそこにある星は悩める私を導いているのかもしれないと感じた夜でした。

今日も綺麗な星空がみれそうです。

参照:
アイヌの星座<nociw>~ Constellations of AINU
https://www.facebook.com/nociw

(ミウラ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ