Nature Information

旬の自然情報BLOG

フレペの氷瀑

フレペの氷瀑

コメント (0)

午前中は暖かかったので、フレペの滝遊歩道へ行ってきました。

積雪量はあまり多くありませんが、スノーシューを履いての散策です。

img_5474

スノーシューはどなたでも簡単に使うことが出来ます。 自然センターでは1足500円でレンタルできます。

 

「チッチッ」という鳥の鳴き音や「コツコツ」と鳥が木を突く音が響き渡る静かな林内で、キバシリという小鳥をみつけました。

キバシリという名前を聞いてピンと来る人は少ないかと思いますが、北海道では木の多いところでたまに見られる小鳥です。体の模様が木の皮によく似ているので、鳴き声は聞こえるけど姿をみつけられない、なんてことがよくあります。今回は残念ながら写真に収められませんでした。

キバシリ(木走り)は、走るように木の幹をらせん状に登っていく姿がよく見られることから、この名が付けられたそうで、英名でもそういった習性から「Treecreeper(こそこそと木を登っていくヤツ)」と呼ばれています。なんか、かわいそうです…

 

img_5463

 

フレペの滝は先日よりも氷瀑が大きくなっていました。

夏に見せる「乙女の涙」からはかけ離れたトゲトゲしさです。

 

ー お知らせ ー

知床自然センターは 12/31(土) ~ 1/3(火)まで 年末年始休館となります。

1/4(水)からは通常通り9:00~16:00まで開館します。

 

【担当:金川】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ