Nature Information

旬の自然情報BLOG

一酸化二水素

一酸化二水素

コメント (0)

一酸化二水素という物質をご存じでしょうか。

不思議な物質で、地球上において固体・液体・気体のすべての状態で存在しています。

地球上のほとんどの場所に存在し、生き物の体内にも存在します。

すべての生物がこの物質なしでは生きていけない、一方で時に命を脅かす危険性を秘めています。

ありふれた物質ですが、実は地球の総重量のわずか0.1%にも満たず、とても貴重なものです。

一酸化二水素02
その物質とは他でもありません、「水」のことです。

なんだ水かと思いきや、水は結構不思議な物質なのです。

固体の状態が液体の状態より軽い(密度が小さい)ので、氷は水に浮きます。だから流氷は海に浮かんでいられるのですね。

実はこれは他の物質と比べて珍しい性質なのだそうです。

もし固体の状態の方が重かったら、流氷は存在せず、氷はアムール川河口の海底に沈んで日本までは届きません。

水は時と場所と場合によって、様々な形に変化します。

雪も流氷もまた水の一つの形ですね。一酸化二水素01

もうすぐ春が訪れ、固体は融解して液体になって海に流れていきます。

少し寂しい気もしますが、溶けた水は地球を循環し再び流氷になって戻ってくるでしょう。

人間の体の6~7割は水でできていると言われています。血も涙も主成分は水です。

私達と世界は水で繋がっていると言えるかもしれませんね。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ