Nature Information

旬の自然情報BLOG

オホーツクは紅く燃えている

オホーツクは紅く燃えている

コメント (0)

ウトロから自然センターへ向かう途中に見晴橋という橋があります。

ウトロの街とオホーツク海を見渡すことができ、そこから見る夕陽は特に綺麗です。

この時期、夕陽は網走湾の辺りに沈むので、オホーツク海の水平線に沈む夕陽は見られません。標高1000mの藻琴山のシルエットが夕焼け空に浮かび上がり、静かな一日の終焉を告げていました。

夕陽01

知床で最も日が短いのは12月中旬で、日の入り時刻は15時42分です。

それから1日ごとに少しずつですが日の入り時刻が遅くなり、今日はようやく16時になりました。

冬になると太陽の存在をとてもありがたく感じますね。

北海道の冬は長いですが今度は一歩一歩春に近づいています。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ