Nature Information

旬の自然情報BLOG

羅臼岳の山開き

羅臼岳の山開き

羅臼岳の山開き はコメントを受け付けていません。

毎年7月の第一日曜日は知床連山最高峰・羅臼岳の山開きです。今年は7月1日、登山口では恒例の安全祈願が行われ、多くの方々が登山を楽しみました。

登山道沿いには様々な花が咲いています。オホーツク展望にはハマナスやチシマフウロが綺麗です。また、今年はサンカヨウが多く見られました。

 

 

そして、気になる登山道の雪渓の状況ですが、例年通り大沢が大雪渓です。

 

登りは一歩一歩ステップをきって登っていけますが、とにかく下りは十分な注意が必要となります(軽アイゼンとストックの使用が安心です)。この日は雪がかなり固かったため、斜度のある場所では一度滑り出すと止まらない状況で危険でした。

大沢入口から羅臼平の直前まで雪渓が続いているため、高山植物はまだ少しだけしか咲いていません。三峰方面の雪解けは進んでいます。例年よりも早くチシマノキンバイソウが綺麗に咲いていました。

 

なお、登山前には最新のヒグマ情報や雪渓状況を知床情報玉手箱でチェック!

http://center.shiretoko.or.jp/i-box/

知床連山エリアマップも持って万全の体制で挑みましょう。マップは知床自然センターにて販売中です(1部500円。通信販売もしています)。

それでは今夏もどうぞ安全で楽しい山行を!

(担当:片山)

 

Comments are closed.

最近の記事一覧

ページトップへ