Nature Information

旬の自然情報BLOG

半島の中心で流氷を見る

半島の中心で流氷を見る

, コメント (0)

知床自然センターや知床五湖がある斜里町からだと見えない山、

だけど知床連山を構成している一座である「東岳」へ羅臼側からアクセスしてスキーで行ってきました。

国後島をバックに、根室海峡に漂う流氷

今年の流氷は去ってしまったかと思いきや、また帯状の模様を海に描いたりとてもアーティスティック。

太陽の真下の山が羅臼岳

山頂に近づくにつれ日量(ひがさ・ハロ)が神々しい。

 

登頂!バックは硫黄山とこけし岩。海には流氷。

背骨の様に、知床半島の中心に連なる山々。

その頂からは半島の両側の海を、冬は流氷を望むことができるのです。

トップ画像は知床岬方面を撮影したものです。

左側の海はオホーツク海・斜里町側、右側の海は根室海峡・羅臼町側。

どちらも流氷が見えますね!

皆さんもぜひ知床の山々へお越しください。夏も絶景です!!!!!!

(担当:えぐじゅん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ