Nature Information

旬の自然情報BLOG

霧に包まれる羅臼湖

霧に包まれる羅臼湖

コメント (0)

天気は濃霧。視界は50mも満たない羅臼湖を歩いてきました。

 

歩道上には踝まで埋まるような、ぬかるみがあり長靴は必須アイテムです。

また、枯れ沢では穏やかな斜度ですが100mほど雪渓を歩かなければならない箇所があり、足元には十分に気を付ける必要があります。

100mほどの雪渓

ぬかるみ

 

しかし、装備を揃えて行けば霧の中でも十分に楽しめるでしょう。むしろ、霧だからこその楽しさが待っています。

四の沼

羅臼湖の植物。

ミツバオウレン

ゴゼンタチバナ

エゾイチゲ

チングルマ

他にも、エゾコザクラ、ミズナラ、コヨウラクツツジ、ミヤマスミレ等々の花も観察。

 

霧のおかげで、普段は目の向けない所にも気づけ、新鮮な気持ちで散策が出来ました。

 

美しい景色、鳥のさえずり、野生動物の痕跡など、大自然を堪能できます。

ワクワク、ドキドキさせてくれるような素敵な出会いが待っています。

ぜひ、羅臼湖へ行ってみてはどうですか?

 

(たにちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ