Nature Information

旬の自然情報BLOG

エゾクロテンとの出遭い

エゾクロテンとの出遭い

コメント (0)

幸運なことに、滅多に目にすることがないエゾクロテンと出遭いました。



こんなに近くで見るのは今回が初めてです。

 

エゾクロテンは、倒木の陰からこちらの様子を見ているようでした。



かなり寒い日であったにも関わらず、エゾクロテンが寒さに震えている様子はありませんでした。

どうやら彼らの毛皮はかなりの保温性があるようです。

クロテンの毛皮は古来より人々に利用されてきた歴史があります。

明治時代には毛皮を目的にした乱獲により、かなり数を減らしたようです。

その後、大正10年から狩猟が禁止されています。

エゾクロテンは人目につくことも少なく、ヒグマほど目立たない動物のため、あまり調査されておらず、生息数がどうなっているのか分からないようです。

100年後の知床で、彼らを見ることはできるのでしょうか。

(村上)

参考文献:しれとこライブラリー③知床のほ乳類Ⅱ エゾクロテン 著 村上隆広

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ