Nature Information

旬の自然情報BLOG

妖精たちの舞踏会

妖精たちの舞踏会

コメント (0)

今朝も雪がちらついたりと、春へ行きつ戻りつしている知床自然センター周辺ですが、

先週末のお天気の良い日にオロンコ岩に登ると、春の花たちが見ごろでした。

 

 

 

 

 

キバナノアマナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何度かこちらのブログにも登場しているエゾエンゴサク。

 

「貞三先生の花言葉 365篇」(倉本聰 著)によると、エゾエンゴサクの花言葉は

「妖精たちの秘密の舞踏会」。

この花言葉は、ドラマ「風のガーデン」の中で老医師の貞三先生が

その時の気分で勝手につくった何の権威もないものですが、なんとも言い得て妙です。

 

他にも

「天使の足跡」

「妖精ぶってる秋の妖怪」

「苦労させつづけた母親の通夜に、放蕩息子の送る涙の花びら」

……などと、全365の自由気まま花言葉が写真と共に載っています。

何の花のことばなのか?想像してみて下さい。

 

オロンコ岩を歩きつつ、自分でもこうして自由に花言葉を考えてみるのもおもしろいかな

とおもったところ、ちょうど岸壁にコモチレンゲが!

 

 

 

 

 

 

よし、ここは私もひとつ。

「子だくさんで忙しくても、美の追求に手抜きはないわよ。」

(なんだかそのままですみません。)

 

春めいた潮風のなか、大変なご時世ではあるけれど

こうした小さくとも確かな楽しみを大切にがんばろう、と感じたのでした。

 

(タカバ)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ