Nature Information

旬の自然情報BLOG

次回は西暦8786年頃? part2

次回は西暦8786年頃? part2

, コメント (0)

旬の自然情報としてうってつけpart2です。

 

20日以降の斜里の天気が悪くなる予報だったので3日連続で知床峠へ撮影に行きました。

2020年7月20日ネオワイズ彗星(C/2020 F3)

3日連続撮ってみて気付いた事なのですが

18日撮影は600㎜で撮影した彗星サイズ

20日の写真は300㎜での撮影(19日はピントズレばかりでした)

 

昨日も600㎜をセットし撮り始めると、ダストの尾が画角からはみ出す………ん?

 

そこで気付いた事が、23日に地球に最接近するとの事で日に日に大きく見える様になっています。

イオンの尾(真上に伸びる青い尾)もはっきり写るようになり

太陽に近づいているのがしっかりわかります。

 

天気と月齢の問題でこれから確認しにくくなると思いますが

7月中は彗星を探し続けてみようと思います。

 

(ナッツ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ