Nature Information

旬の自然情報BLOG

硫黄山の雪渓状況

硫黄山の雪渓状況

コメント (0)

例年であれば6月下旬から登山可能な知床硫黄山。

本年は6月1日から道路特例使用承認申請書を申請し、登山ができるようになりました。

 

まだ雪が残っており山頂まで行くことは難しいと聞いたので、雪渓の状況を確認しがてらのんびり硫黄山へ。

硫黄山は視界が開けている場所が多く、オホーツク海を眺めながら登ることが出来るのでとても気持ちが良いです。

 

 

ハイマツ漕ぎこぎ……。松脂がつくこともあるので、暑くても長袖がおすすめ。

 

ハイマツの雄花はハッとするほど色鮮やかで、個人的には好きなお花です。

 

硫黄沢が見えてきました。雪渓はまだまだ残っているようですね。

 

 

いつでもどこでも持ち歩いている知床財団ナルゲンボトル。雪に埋めて冷やしつつ、アイゼンを装着します。

(みなさまもマイボトルにいかが?)

 

硫黄沢が終わる手前あたりまで雪渓は残っていました。ところどころポールに岩が当たる感触はありましたが、雪渓がなくなるのはまだ先でしょう。

 

山頂付近の岩場にも雪が残っており、登るのは危険そうだったのでこの日は硫黄沢までで断念。

シレトコスミレが見られるのももう少し先でしょうか。

 

担当:もぎ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ