Nature Information

旬の自然情報BLOG

会いたい君は、標高1400mに。

会いたい君は、標高1400mに。

コメント (0)

暑い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

どうも新人のぽんです。

 

 

先日、6月24日に知床硫黄山に大変愉快な仲間たちと登ってきました!

目的は今時期にここでしか見ることのできないあのお花を見るために!

 

 

カムイワッカ湯の滝から先の知床大橋方面は引き続き通行止めになっています。

そのため、知床硫黄山に登るためにはまず、硫黄山登山口までの区間(約600m)の落石の危険を理解した上で、「道路特例使用承認申請書」を申請します。

 

 

登山口入って最初の登山道ですが、アリを食べに登山道に来るクマがいるので要注意です。

音を出しながら周囲の様子を確認して進みます。

 

登山道を抜けて旧採掘跡にて休憩!

この日はお天気がものすごく良く、見晴らしが最高でした!

旧採掘跡地から新噴火口までひたすらガレ地を歩く…。

途中で綺麗な硫黄も発見しました。

新噴火口からはハイマツトンネルです!

ハイマツトンネル内は見通しが悪いので、声出しや音出し忘れずに!

 

ハイマツトンネルをすぽっと抜けたところの眺めも最高です…!

硫黄沢近くに入ってくると、少しずつお花も増えてきました。

ゴゼンタチバナ

ウコンウツギ

エンレイソウ

 

 

 

さてさて、ハイマツトンネルを抜けたら硫黄沢!

前半は雪が融けておりましたが、後半からは雪渓あり!

隊長の後に付いてキックステップで雪渓を登っていきます。

硫黄沢に関して、この日は天候も良くアイゼンは特に必要のない状況でしたが、踏み抜きは要注意です。

 

隊長の的確な指示で雪渓を登り…

ピンクテープを目印に硫黄沢を進んで行きます。

 

硫黄沢上部の大岩分岐が見え始めるところまで来ると雪渓もなくなり、お花がちらほら。

エゾコザクラ

エゾノツガザクラ

メアカンキンバイ

イワウメ

ミネズオウ

 

 

 

そ、そして!!!!とうとう!!!!ついに!!!!

 

 

 

これがシレトコスミレだ~!!!!!!!

 

一同、大感動…。

岩場にひっそりと、美しく。

 

 

 

 

 

大岩分岐から見る知床岳も素晴らしい景色。

 

 

ちなみに、今回は山頂まで登頂しておりませんが、

大岩分岐からの山頂と縦走路急斜面には雪渓があり、初心者の方が登頂するにはアイゼンとピッケルは必須の状態です。

 

 

帰りの夕陽もとても綺麗でした。

 

 

6月に入ってから毎週、登山をしていた登山初心者のぽんですが、

人生初の雪渓に途中で「果たして登りきれるのだろうか…」と不安になりつつも、

愉快な仲間のハイテンションに時に助けられ、無事に念願のシレトコスミレを見ることができました~!

 

 

知床でしか見られない花。

シレトコスミレを発見した時の、あの胸の高鳴りは一生忘れられないと思います。

 

 

 

 

 

(ぽん)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ