Nature Information

旬の自然情報BLOG

イルカ、かと思いきや…

イルカ、かと思いきや…

コメント (0)

先日羅臼の海鳥調査の船に乗船し、知床岬まで海鳥の繁殖状況を確認してきました。

 

オオセグロカモメやウミウなどの海鳥の繁殖はほぼ終了し、海鳥の数も減ってきたように思います。

 

確認できた鳥は以下14種

オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、ミツユビカモメ、ウミウ、ヒメウ、ウトウ、アカエリヒレアシシギ、シノリガモ、アオサギ、トビ、オジロワシ、アマツバメ、クロアシアホウドリ

 

相泊漁港から知床岬までの調査を終え、引き返そうとした矢先に水平線に水飛沫が。

普段イルカやクジラを見慣れている船長さんが、なにやら興奮した様子で船を猛スピードで水飛沫の方へ走らせました。

 

ピョンピョン元気に上がる水飛沫。近づくにつれそれがイルカでないことが私にもわかってきました。

 

飛び跳ねていたものの正体は…

 

 

マグロ

 

 

マグロが最近いると噂には聞いていましたが、まさか知床岬で見ることになるとは…。

マグロを見られたことは嬉しいですが、知床の海もやはり暖かくなっているのでしょうか。今年は例年になくカラフトマスが少ないようですし、知床のお魚がどうなってしまうのかちょっと不安になる光景でした。

 

担当:もぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ