Nature Information

旬の自然情報BLOG

フキ・マメ知識

コメント (0)

hukinoto.jpgフキノトウをみつけました。シレトコスミレなどのスターの影にかくれ、普段ほとんど『雑草』扱いのフキ。今日はかれらの地位向上をめざして、すぐに使えるコネタをご紹介します。
①フキには、オスの株とメスの株がある。
②北海道に生えている野生のフキはすべてアキタブキである。
③名前の由来は『フブキ=吹雪』。山の斜面一面をうめた花、つまりフキノトウが真っ白く咲きみだれる様から、という説がある。
④『コロポックル』の家である。アイヌの伝説に登場する小人『コロポックル』とは、『フキの葉の下の人』という意味で、家の屋根がフキの葉らしい。しかし風の強い知床では、優良物件とは言えない。(担当:加藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ