Nature Information

旬の自然情報BLOG

基本のポーズ

基本のポーズ

コメント (0)

知床五湖の水際に、ニホンアマガエルがポーっと浮いていました。尻尾がまだ残っている半オタマです。 春先にしきりに鳴いているエゾアカガエルよりひとまわり小さく、つるんとしています。すんでいるところによって体の色が変さまざまに変わります。 だからなのか、近づいてもじっとしていることが多いようです。草むらにも数匹いましたが、巧みに隠れているようでなかなかみつかりません。 しばらく見ているとアブや水生昆虫にちょっかいだされていましたが、それでも動じません。 生き抜くための1つの方法です。(でも、最終的にどうなるのやら…) (担当:いのうえ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ