Nature Information

旬の自然情報BLOG

キハダ 食われ 事件簿

キハダ 食われ 事件簿

コメント (0)

・雪上に木の皮が散乱し ・幹には多数の傷が残されていて ・特に雪面付近の傷跡は、真新しかった 何者かが、木の皮を剥いて辺りにばら撒いた跡のようで… 何のために…   姉さん 事件です。 この写真から察するに 1. この木は数日前にもバリバリと皮を削られ、剥かれていた 2. ここ数日間で雪が解けて、雪上に顔を出した樹皮があった 3. 顔を出した樹皮は、また剥かれた 真新しい痕跡について 犯人はオスのエゾシカで、彼は樹皮を食べていたのですが (← 現場をずっと観察していましたから) 雪が溶けた端から、キハダの樹皮を剥いで食べる理由… 「腹が減っていたから or キハダが好きだから」ということだけなのでしょうか? もしかしたら 少ない量でもキハダの樹皮を食べることで、何か消化にいいことがあるのかもしれません。 この痕跡には、エゾシカが冬を生き延びる秘密の一端が隠されている気がします。 (かなりワクワクしている 担当:やんも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ