Nature Information

旬の自然情報BLOG

デカイ。

デカイ。

コメント (4)

これがワタリガラスです。 北海道の一部、主に道東へ越冬にやってくるワタリガラス。日本中にいるハシブトガラスと比べると断然大きく、胴周りもとても太いです。 警戒心が強く、なかなかじっくりと観察できない鳥ですが、今シーズンはちょっと違います。 まず数が多い。そして今までにはなかったことですが、人間に寄ってくることも。こんな写真も初めて撮れました。色々な理由が重なってのことでしょうが、観察するにはチャンスです。 (担当:店長)

コメント 4件

  1. said: 知床自然センター on
    どうこさん、こんにちは。キレイですよねカラスの羽。特にワタリガラスは身体が大きいので見応えもあるし、意外に美しい鳥なんですよ。知床にいらっしゃるようで、流氷の景色の中を飛ぶワタリガラスをぜひ探してみてください。(担当:店長)
  2. said: どうこ on
    こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
    普段の生活で目にすることの多いカラスでさえなかなか下から観察する機会がないので、こんなに羽がくっきりはっきり見えて、とても感動しました。
    今週末初めて冬の時期の知床に伺い、スノーシューをする予定です!(ツアー参加なので短時間だけなのですが)
    今からとても楽しみでわくわくしています。
  3. said: 知床自然センター on
    花子さんこんにちは。そうです、ワタリガラスが好きなんです。羽、すごいキレイですよね。ここまではっきり見えるぐらい近くで観察することは今まで全然なかったので、とても興奮しました。カラスといえば真っ黒で黒一色と思われがちですが、良く見ると濃淡があってとても鮮やかなんです。(担当:店長)
  4. 店長さんの大好きなワタリガラスさんですね?
    羽が綺麗に見えます。
    真上を飛んでるワタリガラスに興奮されたのではないですか?( ̄ε=‥=з ̄)フンガー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ