Nature Information

旬の自然情報BLOG

ラブラブモード全開

ラブラブモード全開

コメント (3)

今朝、出勤途中に2頭のヒグマを見かけました。私たちが少女時代から知っているメスのヒグマと、見たことのない大きめのオスのヒグマです。ヒグマはこれから夏にかけて恋のシーズンです。今朝のオスは、メスが移動するたび、わざわざメスの視線の真正面になるように移動したりして、しつこい感じでした。メスははにかんで(?)目もあわせられません。というのも、このメスはやっとオトナになったばかりで、カップル成立すれば今年の冬がはじめての出産になります。あ!オスが身をのりだして迫ってきた!こら!気安く近寄るな!ああああ、変な男にはつかまらないでくれ!… 娘がはじめて彼氏を連れてきたお父さんの気持ちをちょっと味わいました。(担当:加藤)

コメント 3件

  1. said: 花子 on
    こんにちは。
    左耳見えました。
    財団の方々の努力で色んな事が解るようになるんですね。
    あのヒグマがお母さんになったら花子って読んでください。o(*^ー^*)oにこっ♪
  2. said: 知床自然センター on
    こんにちは。このヒグマがだれか分かった理由は、耳に「しるし」がついていたからです。(写真をぐーっと拡大してみると左耳に黄色いタグがついているのがわかるかもしれません…)。どのヒグマがどのあたりを普段つかって暮らしているのかや、どのヒグマが何年おきくらいに子供を産んでいたかなどを追跡調査するために、知床財団ではヒグマを生きたまま捕まえて、このような「しるし」をつけているのです。「しるし」には今回のクマのような耳につけるタグの他、電波を発信する首輪式のものなどもあります。
    私たちはヒグマが出るたびに、ヒグマのしるし台帳(タグの色や番号、はじめて捕まえた年が一覧表になっています)を見て「お!こんなとこまで来たのか!」とか「子供大きくなったね!」とチェックしています。
    知床もだいぶあたたかくなり、ヒグマのごちそうだらけの季節になってきました。あのヒグマが立派なお母さんになれるように、花子さんもいっしょに応援していてくださいね!(加藤)
  3. said: 花子 on
    こんにちは。
    大勢ヒグマさんがいるのに
    ♀のヒグマちゃんが誰か解るんですか?
    すごい!
    初めてお母さんになるかもしれないって
    親代わり?としては心配ですね?
    今のうちにいっぱい美味しいもの食べてお腹を満たしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ