Nature Information

旬の自然情報BLOG

貯金箱

貯金箱

コメント (4)

森の中で 一本の枯れ木に目が止まりました。 シカの骨がバラバラになって転がっているなぁ この辺りでクマがシカを食べたんだろうな… なんて思いながら 何気なく枯れ木の中をのぞいてみると IMG_0010ss.jpg

冬を前に エゾリスがせっせと溜め込んだのでしょうか クルミの実がぎっしり中に入っていました。 さしずめ、森の貯金箱のよう。 長い年月がたって 群生したクルミのうちの何本かが大きく育ち この森に大量の実を落として エゾリスたちがお腹いっぱい食べる その時、初めて 貯金が使われたことになるのかもしれません。 この森には、たくさんの生き物たちが生きている。 そんなことを実感しました。 (担当:やんも)

コメント 4件

  1. said: 知床自然センター on
    omi 様
    コメントありがとうございます。
    帰省の際は、自然センターへぜひお越しください。
    インフォメーションカウンターでお待ちしております。
    担当:やんも
  2. やんもさんへ
    元町民といっても住んでいたときにはそんなに生き物のことなど、知ることも教えてもらうこともなかったので、私自身も最近になって知ったことです(苦笑)
    こどもの頃、亀岩下で磯遊びしがてらフノリをとったり、高校のころは今は無くなってしまったウトロの民宿でアルバイトをしましたよ。
    当時はミツバチ族全盛で、バイトの若造たちは、1泊500円のライダーハウスで全国から来たライダーの人たちと雑魚寝でした。
    ウトロのメインストリートも良い意味での雑多な雰囲気からよそいきな雰囲気になりましたね。とはいえゴジラ岩やオロンコ岩の佇まいは変わらず。
    弁財湾のエメラルドグリーンは今でも好きな場所の一つです。
    さて、エゾリスは地下に食べ物を隠すことは知っていましたが、洞にも隠すのは知りませんでした。確かにネズミが「拝借」というのはありえそうな感じです。
    また、エゾリスはせっせと隠した食べ物を忘れてしまうこともあるようで、そこから芽が出ることもあるそうですね。
    私自身も、そちらの自然センターにて野生動物のことを知ったことをきっかけに、暮らし、育った場所や北海道全体の自然環境について理解を深めている最中です。
    時々、帰省をしているので、窓口にてお話をお伺いすることがあるかもしれません。
    やんもさんの発信力を楽しみにしています。
    今後ともよろしくお願いします。
  3. said: 知床自然センター on
    omi 様
    元町民の方とあって、鋭いコメントをいただきました。ありがとうございます。
    運ばれていたのが、ドングリよりも大型のクルミであったこと
    貯めこまれていた場所が、地下の穴ではなく木の洞だったことから
    クルミを貯めこんだ張本人はエゾリスではないかな・・・と
    想像しました(証拠はありませんが)。
    エゾリスが貯めたドングリを、ネズミの仲間が食べていたのだとしたら
    貯金箱をめぐるお話が、さらに膨らみますね。
    今後も、自然現象を捻じ曲げずに
    自分なりの目線から、発信し続けたいなと思います。
    (担当:やんも)
  4. said: omi on
    雪解けが進んだかと思えば、また冬に逆戻り・・・今年の道東はいつになく厳しい冬と春ですね。元町民としてびっくりしています。
    さて、木の洞にあるクルミは、クルミの両脇に穴が開いているので、食痕からネズミかな?と・・・エゾリスはぱっくり二つに割ることが多いので。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ