Nature Information

旬の自然情報BLOG

いのち、つながる?

いのち、つながる?

コメント (0)
2匹が同じ枝で産卵中

2匹が同じ枝で産卵中

ある日の調査中、2匹のコエゾゼミが、顔の高さぐらいの細い枯れ枝にいるのを発見しました。

こんなところで人が近づいても逃げずに何をしているのかと思ったら、どうやら産卵していたようです。こんなに細い枯れ枝で、幼虫は無事に生まれてくることができるのでしょうか…?

この日はこのセミ以外にも産卵中のコエゾゼミや、コエゾゼミが産卵した跡を見かけましたが、どれも細い枯れ枝や、倒れている枯れ木に産卵していました。たまたま見つけたのがそのような場所だっただけかもしれませんが、これが普通なのでしょうか…。

過去に日本のどこかで、クマゼミが電線に大量に産卵して問題になったことがありますが、
セミは残り少ない余命で焦っているのか??(担当:新庄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ