Nature Information

旬の自然情報BLOG

尽きる

尽きる

コメント (0)

斜里町ウトロの街の中心を流れるペレケ川では、夏以降カラフトマスの遡上が活発になっています。

DCIM100GOPRO

今でもところどころでマスが産卵する行動が見られますが、すでに産卵を無事終えたマスは最後の時を迎えようとしていました。産卵床を掘るため体を砂利に打ちつけた体は擦り傷だらけ、ヒレはボロボロにちぎれ、口の先端は欠け、目は死んだ魚のようになっています。それでも最後まで卵を守ろうと気力だけで泳いでいる感じでした。

このマスのように大人になって海から川に戻り、無事に産卵できる確率は非常に少ないでしょう。あるマスは稚魚の時に他の魚やカモメに食べられ、あるマスは人やクマに獲られ、志半ばで尽きたマスも多いはず。産卵できたこのマスも近いうちに死んでしまうでしょう。しかし次世代の命を残せたことで、きっと達成感に満ちているのではないでしょうか。

karahuto2

生命のドラマと言えばありふれた言葉になってしまいますが、その必死な姿にはやはり心動かされてしまいます。(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ