Nature Information

旬の自然情報BLOG

アルファベットの蝶

アルファベットの蝶

コメント (0)

最近、自然センター周辺ではたくさんの蝶が見られます。その中には花に集まる蝶や動物の糞に集まる蝶など、いろいろな習性の蝶がおり、色や形も様々です。今回、ちょっと面白い模様の蝶を紹介したいと思います。

まず最初の写真、地面から染み出た水を吸水しに訪れたエルタテハという蝶で、2枚目の写真は、シータテハという蝶です。これらの蝶は翅の表の模様が美しいですが、翅の裏の模様は地味で、翅を閉じた状態だと風景に溶け込んでしまい、全く目立ちません。しかし、目立つワンポイントアクセントがあります。

葉にとまるシータテハ

葉にとまるシータテハ

その名の通り、エルタテハはアルファベットの L 字が白いアクセントになっていて、シータテハは  C 字が白いアクセントになっています。野外ではうまく撮影できなかったので、写真は既存の標本を撮影しました。この白いアルファベットの文字は個体差があり、全ての蝶が必ずしもこのようにわかりやすい L 字や C 字にはなっていませんが、概ね L 字や C 字に見えます。

 

シータテハの翅の裏

シータテハの翅の裏


エルタテハの翅の裏

エルタテハの翅の裏

 

 

 

 

 

 

このように昆虫は、じっくり観察するととても面白い発見があります。皆さんも、普段はよく見かけるけど気にも留めないような昆虫など、じっくり観察してみてはいかがでしょうか?

きっと何か、面白い発見があるはずです。

 

担当:新庄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ