Nature Information

旬の自然情報BLOG

凍った川を泳ぐサケ

凍った川を泳ぐサケ

コメント (0)

 知床も本格的な冬に突入しました。肌を刺すような北風がつらい季節です。

冬になると川も凍ってきます。流れる水が凍るというのは何か妙な感じがしますが、表面に氷が張るだけで中の水は流れてます。

知床の遠音別川(おんねべつかわ)はもう凍り始めていました。氷の隙間から水の中をのぞくと、氷の下を泳ぐシロザケがいました。こんな冷たい水の中でよく平気だなぁと思いますが、流れる水だから氷点下にはならないんですね。サケの遡上というと秋のイメージが強いですが、遅いタイプのものもいるようです。

そんなサケを狙っているのか、川を見下ろすようにワシが数羽、木の枝にとまっていました。水面には次々と薄氷が流れていきます。やがて隙間も凍って閉じてしまうでしょう。

今期はどのような冬になるでしょうか。どうか人と生き物にあまり厳しくない冬であってほしいです。

(担当:ノセ)

氷の下のサケ2

氷の下を泳ぐサケ。氷の下は静かな世界です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凍った川2

凍っていく遠音別川。薄氷が流れていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ