Nature Information

旬の自然情報BLOG

冬の森歩き

冬の森歩き

, , コメント (0)
ナナカマドの実

ナナカマドの実

冬ごもりとは言いますが、何もないかというと、そうでもありません。
たくさんの情報が入ってこない分、おっ!という発見にも出会える季節。

ツルウメモドキの実

ツルウメモドキの実

暴風雪にも負けず、枝先には、木の実がたくさん残っていました。

私はいつも、これは誰に食べられて、その種はどこに運ばれるのだろう、と想像して楽しんでいます。

 

エゾリスの足跡

エゾリスの足跡

生きるか死ぬか、動物と植物の駆け引き。

食と繁殖、それぞれの戦略が相互に作用しあいながら、うまくバランスを取っているのでしょう。

 

 

 

 

雪上には、いろいろな動物の足跡が。

私たちの前にはなかなか姿を見せてはくれませんが、たくさんいるようです。

謎のループを描いたキタキツネの足跡

謎のループを描いたキタキツネの足跡

まっすぐの足跡、寄り道ばかりの足跡、謎のループを描いた足跡?!

自然体の彼らの軌跡を辿ることができるのも、冬の魅力かもしれません。

 

 

今日は冬至ですね!

しかも、今年は19年に一度の「朔旦冬至」(新月(朔)と冬至が重なる日)とのこと。

自然の神秘、なんだかドキドキするのは私だけでしょうか。

(担当:きない)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ