Nature Information

旬の自然情報BLOG

薄紅色の群れ

薄紅色の群れ

コメント (3)

 アトリ、マヒワと続いて今週はベニヒワの大群に出会いました。ここ最近の暖気で雪解けが進み道路際に雪解け水が溜まっていました。ベニヒワたちはその水たまりで水浴びに夢中でした。冬の間お預けだったからか、それとも3月とは思えないぽかぽか陽気だったせいなのか、とにかく何度も何度も浴びていました。そして思う存分浴びてはすぐ近くのシラカンバの枝で羽づくろい。くつろぎタイムのようでした。

それにしても、今年はアトリの仲間をよく見かけます(担当増田)。

IMG_1648s
IMG_1658s

 IMG_1753s
 IMG_1713s
 IMG_1773s
 IMG_1788s

コメント 3件

  1. ベニヒワの群れ 見たことがありません。いいですね。
    市街地では、、、とは言ってもほんの通勤時にしか見ていませんが、アトリは多いと思いました。
    今週は毎朝キレンジャクがいてうれしかったです。しかも落ちたナナカマドの実を食べに繰り返し降りてきてかなりの近距離。あの優雅で気品のある姿と「食い気」のギャップに笑えました。

    そうそう、何年振りかで中庭にエゾリスが帰ってきました。足跡の物語は冬の楽しみでしたが、雪がかたくなりちょっと残念。元気にいてくれることを願っています。
    • said: 増田 on
      コメントありがとうございます。写真ではよくわからないと思いますが、私も初めて見るような大きな群れでした。
      今年は本当にアトリの仲間をよく見ます。そもそも飛来する数は年によって変動があると聞きますが、今年は多いですね。
      最近休みの日は道路際でのバードウォッチングにはまっています。次の休みの日にはどんな鳥と出会えるか、ちょっと楽しみです(増田)。
      • いえいえいっぱいいることわかります。
        ベニヒワばかりの水浴びなんて、そうそう誰もが見ているわけではないでしょう。
        こちらにも飛んできてくれないでしょうか・・・。水たまりありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ