Nature Information

旬の自然情報BLOG

怖い顔

怖い顔

コメント (0)

メイン画像の怖い顔に見えるのは、イボタガという、翅を広げると10㎝ほどの春限定の蛾です。皆さんには何の顔に見えるでしょうか?昆虫にはよくあるのですが、大きな眼状の模様で驚かせて天敵などから身を守るのです。写真を撮ろうと近付いた時に、翅を大きく振りかざして私に対して威嚇してきました。

飛んで逃げればいいのに…と思うかもしれませんが、多くの昆虫は体が冷えているとすぐには飛べないのです。特に体の大きい蛾は、一度体が冷えてしまった後は飛ぶための準備運動に少し時間がかかります。夏や日中ならばすぐに飛ぶことができますが、春や秋の夜や早朝は寒いので、翅を小刻みに震わせて筋肉を動かして、体温を上げてから飛びます。

イボタガなど、ほとんどの蛾は夜行性なので見る機会が少ないですが、自然センターに標本が展示してありますので、お立ち寄りの際にぜひご覧ください。

(担当:新庄)

静止するイボタガ

静止するイボタガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ