Nature Information

旬の自然情報BLOG

葉っぱデカいが、花もデカい

葉っぱデカいが、花もデカい

コメント (0)

 新緑の6月、今年は例年よりも季節の進みが早く、緑も濃い気がします。
そんな緑の中でホオノキの白い花はとても目立ちます。食べ物を包んだり、皿替わりにも使える大きな葉がホオノキのトレードマークですが、花もビックサイズで、まず他種と見間違うことはありません。
 ホオノキの花はまず雌しべが、その後雄しべが成熟します。成熟する時期をずらすことで、自家受粉を避けているらしく、花が大きく開いた時には既に雌しべは生殖能力を失っているそうです。そしてやがて雄しべも脱落してしまい花弁のみが残ります。また開花時期も一斉に咲くというよりは順々に咲いていくので、比較的長く花を楽しめます。

 花は蜜を出しませんが、独特の甘い香りがします。記憶のどこかに残っているフルーツのようなデザート系の香りですが、何だったか思い出せない・・。高い枝先の花の香りは嗅ぐことはできませんが、道路の法面下や、斜面に咲いている場合は嗅ぐチャンスがあります。ぜひ香りを嗅いでみてください(担当増田)。

IMG_2302
IMG_0035s
IMG_0087
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ