Nature Information

旬の自然情報BLOG

寒さ対策

寒さ対策

コメント (0)

今年は暖かくなるのが例年より早いようで、春が早く訪れた印象です。確かに、最近暖かいです。雪が解けるのも早く、今年はフクジュソウ(キタミフクジュソウ)が3月の下旬から咲き始めていました。

しかし、春で暖かいとはいえ、まだ寒いです。皆さんもまだ家ではストーブを点けているのではないでしょうか?実はこのフクジュソウも寒さ対策をしていたのです。

フクジュソウの花びらをよく見ると、表面に光沢があり、テカテカしています。さらに花全体の形がパラボナアンテナの様になっているうえに、ヒマワリの様に常に太陽の方向を向くようになっています。そのため、雄しべや雌しべのある中心部分が温かくなる構造になっているのです。雄しべや雌しべを温めることによって、受粉から受精までの行程がスムーズに行われるようです。

今回、フクジュソウの温もりにあやかっている虫を見つけました。この虫はムツモンホソヒラタアブ属のハナアブで、花粉を食べに来ていたようです。ハナアブは花粉を食べるだけでなく、花粉の運び屋として重要な存在です。花にとってハナアブは呼び込みたい存在なので、花を温かくして、訪れる虫を迎え入れているとも言えます。

(担当:新庄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ