Nature Information

旬の自然情報BLOG

空へ

空へ

コメント (0)

彼らは長い間、暗い土の中にいた。

来る日も来る日も光を見ることなく、木の根ばかりを吸って生きてきた。

土の中は変化がなかったが、ときどき動物たちが土を掘って、仲間が食われた。

ひたすら暗闇で耐え忍ぶ日々。

だが、いつか地表に出て空を飛ぶことを、その体は知っていた。

見たこともない世界で、自分が何をするべきなのか理解していた。

・・・

コエゾゼミ02

知床ではエゾハルゼミが鳴きやむ頃、次のセミたちが地上に現れるようになります。

コエゾゼミといって、エゾハルゼミよりやや大型のセミです。

鳴き声は「ジーーーーー」と単調です。

ちょうど今時期、コエゾゼミの脱皮(羽化)を見ることができます。

 

コエゾゼミ03

脱皮したてのセミの体は緑がかっていて、羽は精巧なガラス細工のように綺麗ですね。

ある個体を観察してましたが、脱皮には2時間程かかり、さらに体を乾かすのに一晩かかったようです。

羽化は昆虫にとって、大人になるための非常に重要なイベントです。もし羽化に失敗して羽がうまく開かないと、まともに飛ぶことができなくなり、繁殖もできずただ死を待つだけとなるでしょう。コエゾゼミ04

コエゾゼミ05

 

 

 

 

 

 

 

 

羽化しているセミがいたらそっと見守ってあげてください。

(担当:ノセ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ