Nature Information

旬の自然情報BLOG

完成までもう少し

完成までもう少し

コメント (0)

いつの間にか夏が終わってしまいました。
寂しいやら、心残りやらで、人の心は後悔ばかりです。

実はシカたちにとってはこれからが青春の季節なのです。
自然センター周辺のオスジカの角は、袋角から枯角に変化しています。
これは繁殖期が近づいている証拠です。
%e7%a0%b4%e3%82%8c%e8%a7%9202
角から何かボロボロしたものがぶら下がってますが、これは古い皮膚です。
オスジカはかさぶたをはがすように自ら角を木などにこすりつけ、皮膚をはがし角を露出させます。
血が出たりしているので、見た目は痛そうですが、オスジカにとっては必要な過程です。

基本的にシカはおとなしい生き物ですが、繁殖期のオスは秋になると少々気が荒くなります。
なので近づきすぎない方がいいでしょう。

昨年は血気盛んなオスジカが芝生の上で格闘してましたが、今年はどうなることでしょうか。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ