Nature Information

旬の自然情報BLOG

奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の

奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の

コメント (0)

百人一首の中の一句ですね。下の句が「声聞く時ぞ秋は悲しき」

とかく秋は寂しくて、オスジカがメスを呼んでいるラッティングコールも寂しく聞こえるという意味でしょうか。

さて、当事者のオスジカの方の心境はいかがでしょうか。

%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b8%e3%82%ab02

 

 

 

 

 

 

 

 

これが寂しがっているような顔に見えますか?

私には必死な形相という風に見えます。

彼らには寂しがっている余裕なんてないんだと思います。

メスがいなければ探しにいく、邪魔するやつがいれば角をもって戦う。

もしこの季節を逃せば、来年まで待たなければいけません。

オスジカの寿命は長くてもせいぜい十数年。繁殖のチャンスが1年に1回だとすれば、秋がいかに貴重な時間だということが分かるでしょう。

そして冬を乗り切れる保証なんてどこにもなく、来年はこの世にいないかもしれない・・・。立ち止まっている暇はなく、自ら勝ち取りにいかなければならないのです。

先日、野生のエゾシカの交尾を撮影(盗撮?)するのに成功しました。

知床にエゾシカは多いですが、交尾している行動はなかなか見ることができません。

%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%81%ae%e4%ba%a4%e5%b0%be02 %e3%82%b7%e3%82%ab%e3%81%ae%e4%ba%a4%e5%b0%be01

%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%81%ae%e4%ba%a4%e5%b0%be03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このオスは苦労が報われたようです。彼は求め行動したからチャンスを与えられたのですね。草食系だなんて呼ばせません。

食べること、寝ること、交尾すること。これらはその動物が存在し続けるために必要な行為です。

野生動物にとってのそれは命に直結することであり、私達人間とはたぶん重みが違うのだと思います。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ