Nature Information

旬の自然情報BLOG

赤い実、黒い実

赤い実、黒い実

コメント (0)

 例年になく早い積雪で、いつもより長い雪の季節となりそうですが、実を食べる鳥たちにとって冬はやはり食べ物の乏しい季節です。
 皆さんおなじみのナナカマドの赤い実は、実を食べる鳥たちにとって大切な食べ物ですが、ナナカマドと同じくらいのサイズの黒い実、キハダの実も好んで食べます。キハダは北国北海道では数少ないミカン科で、熟した実をつぶすとミカンのような柑橘系の香りがします。

 職場近くのキハダの木には、ヒヨドリやツグミなど黒い実目当ての鳥たちが入れ替わり、訪れます。カラスたちも、果実が大好き。群れでやってきてはしきりについばんでいます。

 木の下にはたくさんの食べかすが散らばっています。

 この秋、赤い実ナナカマドも、黒い実キハダも、例年になくたくさんの実をつけました。
 まだしばらく、鳥たちのお腹を満たしてくれそうです(担当:増田)。

 

img_0816
img_0869
img_0839
img_0887
img_0884
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ