Nature Information

旬の自然情報BLOG

正解は一つじゃない

正解は一つじゃない

コメント (0)

もしあなたがクルミを食べたいと思って、殻付きのクルミを手に入れたとします。

手元には道具がありません。どうやって中身を食べるでしょうか?

カラスの場合、導き出した結論は「アスファルトに叩きつける」でした。

カラス・クルミ02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、道路沿いでオニグルミの実を空から落とすハシボソカラスが見られます。

カラスにはクルミの硬い殻を砕くだけのクチバシや爪はありません。

でも中身を食べたい。

だから殻を割る方法を知恵を絞って考えたわけです。 

カラス・クルミ03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空中高く飛んで、

カラス・クルミ04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落とす。

カラス・クルミ05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殻が割れて中身を食べられたようです。

土の上に落としてもクルミは割れないので、アスファルトの舗装道路はクルミ割りの良い環境なのでしょう。

カラスの適応力と問題解決能力は大したものです。

ただ交通事故には気を付けてもらいたいもんです。

エゾリス・クルミ2

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ エゾリスなどは自分の身体能力のみで殻を割ることができます。

一方でカラスは飛ぶという能力を応用して、殻を割ることを学習したわけです。

自分には能力がないから、とすぐに諦めることはありません。別の能力を応用すればきっと問題は解決できるはずです。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ