Nature Information

旬の自然情報BLOG

ハマナスの咲く頃

ハマナスの咲く頃

コメント (0)

森繁久弥さん作詞・作曲の「知床旅情」の冒頭に、ハマナスの名前が出てきます。

なので「知床」というと「ハマナス」と連想する方も多いのではないでしょうか。

しかし実際は、知床国立公園内でハマナスの花はなかなか見られません。

これもシカが増えた影響なのでしょうか。

ハマナスはバラ科バラ属の低木で、野生のバラです。果実は食用にもなります。

ハマナス02

先日、フレペの滝の崖の縁でハマナスの花を見つけました。この場所はシカが立ち寄らないため、生き残ったのかもしれません。柵の外の断崖の縁に生えていたので、双眼鏡でないとはっきり見えませんでした。

荒地のような場所で、一株だけ咲いているハマナスは、たくましい野生のバラに見えます。将来、この花の子孫がフレペの滝で咲き乱れるかもしれませんね。

(担当:ノセ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ