Nature Information

旬の自然情報BLOG

お帰り、カラフトマス

お帰り、カラフトマス

コメント (0)

誰かとの約束を守るかのように、毎年カラフトマスはこの時期、河川に遡上してきます。

誰との約束かというと人間ではなく、ヒグマやオジロワシでもなく、太古の先祖から脈々と受け継いだ遺伝子との約束なのでしょう。

人を含む他の動物はそれを利用させてもらってます。

カラフトマスの遡上を観察しやすいのは、斜里町の遠音別川やペレケ川などです。9月くらいまでは観察が可能ですが、産卵を終えて寿命を迎えたマスは徐々に死んでいきます。

カラフトマス2

口が尖って背中が盛り上がっているのがオスです。

ところで川の中に魚がうようよいると、釣ってみたくなってしまう人もいるのではないでしょうか?ところが河川内でのサケ・マスの釣りは法律で禁止されてます。

一部の河川の河口や海岸では釣りが可能ですが、規制やルールがありますので事前によく調べてください。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ