Nature Information

旬の自然情報BLOG

ねじれた花

ねじれた花

コメント (0)

9月になると知床ではあまり目立つ花が咲かなくなります。

でもよく探すと可憐な小さい花が見つかるものです。

ネジバナはそんな花の一つ。らせん状に小さい花が縦に並んでいる、不思議な花です。フレペの滝遊歩道で普通に見られます。

ネジバナはランの仲間ですが、一つの花を拡大してみると確かにランの花だと分かります。

ネジバナ03ネジバナは別名モジズリとも言います。

モジズリというと百人一首の歌で、

「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れそめにし 我ならなくに」

という歌を連想します。

私は今までこの歌を、ネジバナのようにネジれた恋心の歌なんだと思ってたら、実際は違うんですね。「モジズリ」と「しのぶもぢずり」は別物でした。

ところでネジバナのらせんを見てみると、右巻きと左巻きと両方あることに気が付きました。

ネジバナ01

右巻きと左巻きが仲良く咲いてました。

工具のネジの巻き方は共通でないと困りますが、ネジバナはどっちもありなんですね。

自然界のこういうアバウトなところに少しほっとします。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ